タンザナイト

12月の誕生石

タンザナイトは最近になって12月の誕生石の地位を得た宝石です。
青色の美しい宝石です。
 

マサイ族が発見しティファニーが名付けた石

実は1967年にタンザニア北部のミレラニ地方でマサイ族が青色に光るタンザナイトの結晶を見つけたのが最初といわれています。
 
世界の宝石の中で最も新しく発見された宝石の1つです。
 
調査の結果、鉱物的にはゾイサイトという鉱物の一種であるとわかりました。
 
しかし、ティファニー社がタンザニアにちなんで「タンザナイト」という名前をつけ大々的に世界中へ販売しました。
 
ほぼ一夜にして、タンザナイトは世界的に有名になり、時にはダイヤモンド、サファイア、ルビー、エメラルドに匹敵するほどの人気を得るほどの宝石となったのです。
 
 

産地

 

 

アフリカのタンザニアのミレラニ鉱山でのみ産出されています。

アフリカ最高峰「キリマンジャロ」のふもとで、野生動物の宝庫「セレンゲティ国立公園」の近くにある小さな鉱山です。

 
周りにはサファリと自然しかない地域。
 
タンザナイトが高額に取引されるけども、現地にどれだけ還元されているのだろう・・・。
 
と思っていました。
 
2020年6月に、9.2㎏と5.8㎏の2つの原石を発見し約3億2000万円で売却をして一夜にして億万長者になったとのニュースがありましたね。
(それまでの最大の原石は3.3㎏だった。)
 
文字通り一攫千金を成し遂げた方がいらっしゃるというのは夢がありますね。