アメシスト

酔わない石

 
2月の誕生石として有名なアメシスト。
日本ではアメシストやアメジストと呼ばれます。
 
英語のAmethystの発音の関係なので、どちらも間違いとは言えないですが・・
最近はアメシストという事が多くなっています。
 
アメシストとは紫色の水晶の事、漢字では「紫水晶」と書かれます。
名前の由来は、ギリシア語の「amethustos:酔わせない」に由来します。
 
そのため、「酔い」を防ぐ効果があるといわれています。
 
これはギリシャ神話のバッカスのお話が由来となっています。
ある時、機嫌の悪かったお酒の神「バッカス」が悪戯で家来の猛獣に人を襲わせました。
猛獣に襲われたかわいそうな女性こそがアメシスト・・・
 
恐怖のあまり、アメシストが神に祈ると、その姿は瞬く間に純白の石に姿が変わってしまいました。
石に姿を変えてしまったアメシスト・・・。
 
哀れに思ったバッカスが、その石に葡萄酒を注いで紫色の美しい水晶にかてしまいました。
その神話から、紫色の水晶はお酒の神「バッカス」の戒めの象徴となったようです。
 
今でも、アメシストはお酒に酔わないお守りとして人気があります。
お酒だけでなく、船酔いや人生の悪酔いから身を守ってくれる石となりました。
 
 

徳の高い石

 
紫色は世界中で徳の高い色と認知されています。
 
キリスト教ではビショップは儀式の時にアメシストの指輪をはめて儀式を行う。
中国でも、紫色は皇帝しか身に着けることができない色。
日本でも、聖徳太子の「冠位十二階」で最高位の大徳の象徴は「紫色の冠」
 
現在でも、最高級のアメジストは「ビショップ・グレード」と呼ばれています。
 
 

緑色のアメシスト?

緑色の水晶が「グリーン・アメシスト」といわれて販売されている事があります。
 
アメシストとは紫色の水晶の事なので少し違和感のある名前ですね
 
一般的にグリーン・アメシストと呼ばれるのはアメシストに処理を施し緑色にしたものが多いです。
 
天然の緑色の水晶は「プラシオライト」と呼ばれる事が多く
 
プラシオライトは、アメリカ、ブラジル、ポーランド、カナダなどの限られた地域からしか産出されない非常に貴重な石です。
 
 

バレンタイン司祭のアメシスト

 
 
2月といえばバレンタインデー
バレンタインデーのモデルは紀元前3世紀ころの聖職者のバレンタイン司祭が殉教した日といわれています。
 
彼は、ローマ皇帝が戦士の士気の低下を恐れて兵士の結婚を禁じたが、禁令に背いて結婚式を行って処刑された。
といわれています。
 
このバレンタイン司祭はキューピッドの像のアメシストの指輪を身に着けていたといわれています。