ミャンマーへの出会いは翡翠から(その①)

 

ミャンマーへの出会いは翡翠から記事その②

ミャンマーへの出会いは翡翠から記事その③

 

こんにちは顔

石とクライアント様をつなぐ宝石カウンセラーのKYOKOです。リボン

________________________

 

今日はクルムティオの取り扱います翡翠の神秘とその奥深い世界についてお伝えしてまいります。

 

 

image

 

※クルムティオ®︎のヒスイの特徴について

ミャンマー産の翡翠は、翡翠の純度を決める翡翠輝石の含有量が圧倒的に高いと言われます。

それゆえに世界で1番の翡翠の産地と言えます。

クルムティ®︎の翡翠は全てミャンマー現地で宝石カウンセラーのKYOKOが生産者から直接仕入れます。

そしてラボにて翡翠を1つ1つ精査しております。

2012年のクルムティオ®︎創業以来、この軸に沿って翡翠ジュエリーを作り続けております。

 

 

※翡翠宝石の希少性について
特殊な環境でしか形成されないため、産地が極端に限られている宝石です。
中国をはじめシンガポールなどのアジアの人は身につけると幸せが舞い込み、災いから身を守る、行いをよく正しくすると石は透明感を増すと言われております。
構造はインターロッキング結晶構造をとっており鎖のように堅く絡み合っている
二方向のクリベージ劈開あり。※酸には弱いのでお気をつけください。

※ビルマ翡翠について(産地)

ミャンマー産の翡翠は最高級です。産地はミャンマー、日本、グアテマラ、カリフォルニア、ロシア、アメリカが産地です。
日本では勾玉など自然崇拝との関連が強いようです。

翡翠は希少価値のある宝石。年々値段も高騰しております。

 

image

 

※希少性のある翡翠の色のバリエーションや鉱物について

ラベンダーカラーやブルー(グレイッシュ)に近い色、緑の色でも特に透明度のある染無着色の翡翠は流通量が少ないため価格も高く、市場価値も高いと言えます。特にビルマ(ミャンマー)翡翠は世界で最高級と言われます。日本では勾玉など自然崇拝との関連が強く古い歴史が残ります。翡翠は輝石グループに属し、クロムの含有で鮮やかな緑が翡翠色として有名ではないでしょうか。

結晶構造は絡まるような繊維質の結晶になってます。それゆえ靭性が高いという性質なので、衝撃に耐える力はダイヤモンドよりも強いのです。中国やシンガポール、アジアの人々には翡翠は霊格の高い石としても珍重されてきました。(特に西洋人よりアジアの人の方が翡翠を愛する傾向にあるようです。)願い事成就力はNO1と言われます。

 

宝石のプロによる翡翠の色についての執筆記事は

↓こちらにまとめております。

翡翠の色のコラム

 

 

次のコラムは翡翠の言い伝えなど効果効能のお話です。

ぜひご覧ください。
 

 

 

南青山クルムティオサロン

常時300石以上の宝石の中から 願いを選びとるように宝石を選びジュエリーがオーダーできます。

(有資格者のオーナーがご対応します)

幸せ感をあげる愛されジュエリーを形にして見ませんか。

南青山ジュエリーサロン本店

〒107-0062

東京都港区南青山3-4-2:BASE南青山203

 

クルムティオ®︎ヤンゴン 支店 2019年 プレオープンしました。

NO.6 EAST C / BOGYOK AUNG SAN MARKET Yangon Myanmar

 

 

クルムティオの翡翠コレクションページは

こちらです。天然石アクセサリーSHOP