ラブラドライト

蝶の羽のような輝きの天然石

黒色や灰色に青っぽい光を反射する天然石それがラブラドライトです。
1770年にカナダのラブラドール沿岸で発見されたのが名前の由来です。
 
ラブラドライトに光を当てると蝶の羽のような虹色の光を観察することができます。
灰色や独特な地色の石で独特な光を反射するラブラドライト
 
この光を「ラブラドレッセンス」ともいいます。
 
 
青色が多いですが孔雀の羽のような虹色の光を反射するラブラドライトもあります。
 

?ラブラドライト???ムーンストーン??

 

青色の光や虹色の光を反射するラブラドライトがあるといいましたが。

 ・青色の光を反射するラブラドライトはブルームーンストーン

 ・虹色の光を反射するラブラドライトはレインボームーンストーン

とも呼ばれることがあります。

どちらもムーンストーンという名前がついていますが、実は一般的に流通しているこれらの天然石は実はラブラドライトです。
 
ラブラドライトとムーンストーンの親戚のような石。
ラブラドライトもムーンストーンも同じフェルスパー(長石)という鉱物の一種で似た光学効果を示します。
 
鉱物学的には
 
K:カリウムが多ければムーンストーン
Ca:カルシウムやNa:ナトリウムが多ければラブラドライト
 
となります。
 
フェルスパーグループは実は地球上でもっとも多い鉱物の種類。
 
他にも、アマゾナイトやサンストーンといった石も属しており様々な色や光学効果を示して我々を楽しませてくれる天然石です。
 

○産地

カナダ、マダガスカル、フィンランド、メキシコ、アメリカ